通知はいる一人の大人気舞妓がいなくなる。
しかも祇園祭の年月でお座敷も隆盛で、候補を探そうにも全員腹づもりが入っていて困難でした。
そこでヒロインは速攻で予約様(トレーニングミドルの舞妓)を考えるしかないと考えました。
ヒロインは男子でも小柄で声変わりもしていません。
舞妓ことばも生まれたときから聞いているからしっかりだし、舞も少しは出来るので自分がやると言い出します。
未曾有だが吉乃アパートの看板に負傷を付けないために、ゼロ晩だけ舞妓になることになります。
単に一晩で注目が出てしまい大変なことになるという感じです。
こういう雑誌は舞妓様のことが何だかんだ分かって興味深いですよ。
髷を結うときに舞妓は所毛で結うけど備え付け毛をした方が本職がしやすいらしいです。
ヒロインは中学生2年生でういういしいから、割れしのぶという髪型に結ってました。
祇園祭の時は全員勝山を結うらしいけど若い子には似合わないらしいです。
割れしのぶは赤い鹿子が髷の間からのぞいていて明るいらしきイメージみたいです。
些かお姉さんになるとおふくという髪型に罹るらしいです。割れしのぶより粋な感じで、赤い鹿子の代わりにピンクの飾りに移り変わるそうです。
赤がピンクに変わるだけで落ち着いた感じになるそうです。
依然完全読めてませんが、少々読んだだけで髷のことが何やかやわかります。
続きがまったく楽しみです。
本当に関連で出ているみたいなので、さっとづつ読めたらいいなと思います。